痔の種類

痔の種類

痔には大きく分けて3つの種類があります。

施設写真

 

①痔核(いぼ痔) 

痔の中でもっとも多い。血管の一部がこぶ状にむくんだものです。初期は出血が起こります。        一般には、「いぼ痔」とも呼ばれます。歯状線より上(直腸)にできたものを内痔核、下(肛門)にできたものを外痔核と呼びます.

【症状】
・排便時に、血が出た
・排便後、便が出きっていない気がする
・肛門に、違和感がある
・肛門のまわりに、イボがある

日帰りジオン・ALTA(アルタ)療法による治療ができます。

②裂肛(きれ痔)

肛門の皮膚が切れたり裂けたりしたもの。痛みがあり、血が出ることも。一般には、「切れ痔」とも呼ばれます。

【症状】
・排便時に痛みがある
・排便後に、ジーンとした痛みが残る
・お尻を拭いた紙に血がつく
・便に鮮血がつく
・便が細くなる

 

 ③痔瘻(痔ろう)

肛門のまわりに膿がたまり、膿が外に流れ出るトンネルができた状態。発熱や痛みを起こします。一般には、「あな痔」とも呼ばれます。

痔瘻は、手術が必要となることが多いです。膿の出口となった皮膚の傷口がふさがっても、一旦できたトンネルはなくなりません。症状が落ち着いても治ったわけではなく、痛みや腫れが再発することがあるため油断は禁物。まれにですが、10年以上治療せず放置しておくと「ガン化」することもありますので、早めに専門医を受診するよう心がけましょう。